より住みよい家にするための具体的なリフォーム事例

より住みよい家を追求するのに役立つリフォーム関連情報サイト

リフォームとリノベーションの違いとそれぞれの長所と短所

どんな家を住みよいと感じるかには個人差があるかもしれません。採光や空調、設備の位置、間取りなど優先順位はあっても、家を住みよく感じさせたい気持ちは共通しています。個人の嗜好に加え、採光や空調、設備の位置及び間取りが優れた家が住みよい家であり、間取り以外の要素であればリフォームで補うことができます。

具体的な住みよい家を目指したリフォームの例

住みよい家を目指したリフォームの具体例を考えてみましょう。小さなお子さんや家族が要る場合、コミュニケーションを意識したリビングのリフォームがお勧めです。また、使い勝手を良くすることによって家事負担を減らすことを試みたキッチンのリフォームなども挙げられます。

リフォームを成功させるためのポイント

リフォームに成功すれば、より住みよい家に変化させることができますが、リフォームに失敗すれば逆に住みにくくなることもあり得ます。失敗しないためには明確な目的設定が必要となりますし、リフォームをするならリフォーム費用を用意しておかなければなりません。

住みよい家とリフォーム

家のリフォームについて調べていると、リノベーションという単語を度々目にするでしょう。また、リフォームとリノベーションが混同されていることも珍しくありません。

特に、大規模なリフォームはリノベーションと混同されがちです。基本的に、リフォームは改装レベルの小規模な工事に留まるのに対し、リノベーションは改修レベルの大規模な工事を指しています。両者は規模が異なるとは言え、改修レベルの大規模リフォームを行うのであれば、それはリノベーションであると言えるでしょう。

類似性の高いリフォームとリノベーションですが、それぞれにメリットとデメリットがあります。リフォームは工期が短く、完成図を思い描きやすいことに加え、比較的費用負担が小さい点が特徴的です。一方、工事規模があまり大きくないため、自由度やデザイン性に欠けます。

対して、リノベーションの場合は自由度が高いため、デザイン性だけでなく機能性も追求しやすい点がメリットです。ただし、工事規模が大きいため工期が長くなってしまいやすく、完成図を思い描きにくい他、費用負担も大きくなりがちです。

より住みよい家を目指すなら、リノベーションが望ましいのかもしれません。しかし、家の状態次第ではリフォームでも十分に住みよい家を目指せます。また、家の寿命を延ばすなら、五年から十年おきのリフォームは欠かせず、二十年を目安としたリノベーションが必要となります。要望に合わせて方法を使い分ければ、より住みよい家を手に入れることができるでしょう。